categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

21日目

trackback--  comment--



新天地へと場所を変え、気がつくと人も増えていた。
一人はゲルハルト・オレアンダーと名乗る男。
飄々としており内面を伺わせない男だった。
もう一人はエピディリス・ヴァルヴルツ。
気の強そうな女だった。
二人の仲は悪そうだが、何故かナナが連れてきてしまったのだ。
聞けば組合の指定するPT上限にまだ空きがある、丁度知り合った人数と一致したのでつれてきてしまった、と。
我ながら義妹のウェイトの軽さに圧倒されたが人は多い方が良いだろう。
特に考えてもいなかったが何故彼らはあそこにいるのか、それとなく話を振っても見たが誤魔化されてしまった。
"何か"がありそうだった。
警戒しておいて損はないだろう。

義妹が今日もカオツ君にプロレス技をかけていた。
元気すぎて困る。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。